| PR | EN | CO | TR | CA | AR | LI | RE | OT |
profile
ohkoshi
profilephoto

読んでいただける方にまで自分の言葉が届くように、
と思ってLettersと名付けました。

TOPページ http://aqua01.jugem.jp/

birthday:1959.8.26
千葉県に生まれました。
子供の頃は絵を描くのが好きでした。
内気で気の弱い少年でした。
よく怪我をしました。
9人家族で育ちました。そのうち6人が女性でした。
成績は良かったのですが、家での勉強は嫌いでした。
これはずっと変りませんでした。
中学時代は野球部でした。しかし運動神経は鈍いです。
中学2年のときビートルズと出会い夢中になりました。
これが長年の音楽好きの、本格的な始まりでした。
高校時代は山岳部でした。
バンドを始めました。高2の文化祭で初めて人前で演奏しました。
1浪して日大芸術学部へ入学。のちに除籍。
しかしあまり学校へ行かずギター漬けの日々でした。
この頃一人暮らしを始めました。
また大失恋を経験しました。
手伝いのバンドでライブハウスに出たりしながら、
極端に貧乏な生活を送りました。よくパンの耳で飢えをしのぎました。
レコーディングスタジオのエンジニアとして
修行を始めましたがすぐに会社と衝突し、辞めてしまいました。
アルバイトしていた古着店で店長にならないかと言われて
社員になり、そのまま40歳すぎまで働きました。
売上げはとても良く、それまでの2〜2.5倍の数字を上げるようになり、
会社から信頼を得られるようになりました。
10年以上に渡り、安定してこのレベルの売上げを継続できたことに
自分としてはよくやったと言いたいです。
そして今でも当時のスタッフたちと仲良く遊べるのがとっても嬉しいです。
2005年に退職。
父の経営する小さな印刷会社を手伝うことにしました。
まだ十分とは言えない知識のまま
2008年頃から自分中心で業務を動かすようになり、
失敗の繰り返し。
多くの人の助けに感謝しつつ今日に至ります。

favorite:
自然。女性。
ブラジル音楽。バッハ。
幕末。
お米。味噌汁。
お風呂。
白。水色。黄色。オレンジ。赤。紺。
檸檬。

自分自身の「ことば」を探していきます。
それが、自分の進みたい方角を
指し示すはずだと思っています。

少年時代を下記で紹介しています。
よかったらご覧ください。

http://winkaqua.com/allabout.pdf

大越正義さん@terumi

食べ物で表現しようとするなら

・・・

ブランマンジェ。

ごく一般的なゼリーやババロアとも違う。

だけど、口当たりがとってもよくて、

こ難しい名前を知らなくても

その白い見慣れた感じの外見から

ぱくっ、と食べてしまう。

そして、美味しい。

その白さは

ミルクの白さでなくて

アーモンドを絞った汁の白さ。

本当は、そうとう手が込んでいるはず。

食べたら、まん中に濃厚なベリーソースが

入っている。

濃いピンクの色合いと甘酸っぱさのギャップに驚いて、

そして

そのブランマンジェとの組み合わせに

ほうっ、となる。

食後には

デザートは

なくたって食事は終えられるかもしれないけど

本当はみんなデザートが大好き。

デザートがあるから

みんなゆっくりおしゃべりできる。

贅沢な時間がそこにある。

大越正義さん@渚

ボスからのテーマ、次々と。

今回は『大越正義さん』について。

・「いいですね!」と「深いなあ」とよく言っている

・承認が心強い

・ツッコミかと思いきや、ボケ体質(そして天然)

・誰にでも、(特に女性には)平等に接している

・大人であり、子供である

・空間をいつの間にか自分の世界に変えている

・感動/感激屋さん

・表情に出ないがすごい負けず嫌い

・引き出しが沢山あるのに中身を見せない

・素直であり、捻くれている

・自然と女性と宇宙に弱い

・ご本人とお会いする前と後のギャップが面白い

・テンションを相手に合わせている

など、など。

女性と生活する時間が多い環境で育った男性特有の物腰の柔らかさ、
があります。

言い換えると女性の扱いがうまいです(笑)

何度もお話させて頂く機会があり、
その時は私の好きなように話をさせて頂きました。

同じ目線まで合わせて下さっている、と感じます。

警戒心の強い私が、安心してお話出来るのです。

いつも、有り難うございます◎

大越正義について。

「一言では答えられない」

という一言になります。

ご本人の居らっしゃらないところで
よくお名前を聞く方です。

愛されてますねえ。

大越正義さん@MEG

おはようございます。MEGです。


新しいお題で、真っ先に思い浮かんだこと。

実はオシャレな人。

第一印象です。お会いする前は、どんな格好をする人なのか

全く想像できなかったので、“実は”というのも変なのですが・・・。

初めてセミナーでお会いした時に、

「えっ、あれが大越さん!? オシャレ〜☆」と思いました。

独特の世界を持っている人です。視点が面白い。

ちょっとアクがあるっていうのかな、癖があって、しっかりと

大越ワールドを形成している感じです。不思議な人です。

ゆったりした流れにいるようで、意外にせっかちなところもあります。

仕事やプロジェクトでは、スピード感を大切にしているからでしょうか。

かなりのアーティストですね。いろいろなこだわりを感じます。

感覚派でスパッと言いそうでいて、実際には言葉を吟味して話されます。

会話中も、何かの切っ掛けで想像の旅にでかけられているのかな!?と

感じることがあります。

洞察力も抜群です!!

そして、行動派。いろいろなところに出没してますね〜。(笑)

人と会うことも好きなのに、ちょっとシャイなところもあります。

自然が好きな人。それは環境であり、人の在り方であり、自然な

流れであります。

正直で誠実な人です。フィードバックの時に、ただ良いことだけを

書くのではなく、言い難いであろうことも、キチンと返してくれます。

周りから信頼を得ているのもそういうところがあるからだと思います 。

はにかんだ笑顔が印象的です☆

ワタシが感じた「大越さん」の印象でした〜♪

大越正義さん@はる

大越正義さん。

彼は詩人です。
彼は少年です。
彼は頑固者です。
彼は繊細な人です。
彼は心が狭いです。
彼はどこか孤独です。
彼は感性で動きます。
彼はアーティストです。
彼はおじいちゃんです。
彼はひねくれっこです。
彼はうじうじしています。
彼は計算ができません。
彼は自然を愛する人です。
彼は奥さんを愛しています。
彼は異空間に生きています。
彼ははにかんだ笑顔が素敵です。
彼は受け入れる器が人と違います。
彼は時間の流れがゆらりとしています。

彼は、ともかく不思議な魅力の持ち主なのです。
だから、みんな彼に惹かれてやみません。

それは、言葉にできないものなのです。

どうぞ、彼と会ってその魅力を感じてみてください。

大越さん@なかごめひろみ

こんにちは。なかごめひろみです。
大越さんについて。

まだお会いしたことはありませんが、

文章のイメージから思い出す人がいます。
在宅介護のお仕事をしているときに担当した、おじいちゃん。

歩行訓練のため、東京タワー近辺で、お散歩の介助をしていました。
昔は、新橋通いをされていたとか。とても紳士な方でした。

必ず帽子をかぶられ、ベスト着用のちょっとおめかしした装い。

階段があると、先にまわって、手を差し伸べてくださったり、

介助する側の私を いつもエスコートしようとしてくれました。

(もちろん、足元が危なくないよう、いつも見守りをしておりました。)
帰り際は、自宅近くの喫茶店に「コーヒーを飲もう」と私を誘い、

丁重にお断りする私を 信じられないほどの怪力で、

がんがん引っ張っていかれ、一緒にいる時間を延ばそうとしました。

たぶん、芸妓さんと、デートしてるつもりだったのかも、と思います。
大越さんからは、あのおじいちゃんと、同じ空気を感じます。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

なかごめひろみ